※本ページは、Googleアドセンスによる収益も含めアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

【マツコの知らない世界】で紹介さらたおすすめの水族館やペンギンが楽しめる場所に行ってみたい

【マツコの知らない世界紹介】一度は行きたい水族館やペンギンが楽しめる水族館 お出かけ・お店

これまでマツコの知らない世界では、数多くの物がご紹介されてきました。

こんな人もいるんだという内容もあったりと、マツコの知らない世界で知ったという人は多いのではないでしょうか。

今回は「水族館の世界」「ペンギンの世界」についてピックアップ!

どのような場所がご紹介されたのでしょうか。

夏の暑い日に水族館デートや家族で行くのもおすすめです(●´ω`●)

スポンサーリンク

【マツコの知らない世界】中村元がおすすめする水族館の場所や入館料

2021年5月に放送された「水族館の世界」では、水族館プロデューサーの中村元さんが登場し、おすすめの水族館を紹介してくれました。

その水族館は下記の通りです。

マリンワールド海の中の道

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マリンワールド海の中道【公式】(@marineworld.uminaka)がシェアした投稿

【名前】:マリンワールド海の中の道
【場所】:〒811-0321福岡市東区大字西戸崎18-28
【営業時間】:通常9時30分~17時30分(入館は16時半まで)
※GW,夏季は21時まで/12月~2月は10時~17時まで
※ハロウィンナイト9時30分~21時、クリスマスナイトは10時~21時
【休館日】:2月第一月曜日とその翌日(2023年は2月6日、2月7日)の連続2日間
公式ホームページはコチラ

福岡県にあるマリンワールド海の中の道は「水塊」が美しいということで紹介されました。

「九州の海」を展示テーマとしていて、博多湾を背景にしたイルカショーが大人気です。

350種3万点の海の生き物が展示されていて、大人も楽しめる水族館です。

【水塊とは】:海水温、塩分、溶存酸素、栄養塩類などが一様な海水(または陸水)の塊のこと

入館料

種別 大人 シニア割引
(65歳から)
専門学生
大学生
高校生
小中学生 幼児
(3才以上小学生未満)
個人 2,500円 2,200円 2,500円 1,200円 700円
団体 一般 2,200円 2,200円 2,200円 1,000円 600円
学校割引 1,500円 900円 500円
(幼稚園・保育園)
カード
年間パスポート
5,200円 5,200円 5,200円 2,600円 1,600円

車で来られた場合は、駐車場代もかかります。

大型車は1,580円、普通車は530円、二輪車は270円となっています。

加茂水族館

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

鶴岡市立加茂水族館(@kamoaquarium)がシェアした投稿

【名前】:鶴岡市立加茂水族館
【場所】:〒997-1206 山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
【営業時間】:9時~17時(入館は16時まで)
【休館日】:年中無休
公式ホームページはコチラ

館内にクラゲ研究所があってクラゲの展示類が世界一となった、山形県鶴岡市にある水族館です。

マツコの知らない世界では、まるで浮いているかのように浮遊感を味わえることで紹介されました。

色とりどりのクラゲが漂う姿や、子供に人気のアシカ・アザラシの解説プログラムなどを楽しむことができます。

入館料

種別 大人 障害者手帳をお持ちの方

老人クラブ
10名以上
小中学生 幼児
個人 1,000円 500円(小中学生200円)
※介助者1名迄無料
500円
※事前に申請
500円 無料
団体 一般 900円 450円
学校割引 200円
年間パスポート 2,500円 1,250円

※学校行事引率保護者は500円

名古屋港水族館

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

名古屋港水族館 公式(@port_of_nagoya_public_aquarium)がシェアした投稿

【名前】:名古屋港水族館
【場所】:〒455-0033 愛知県名古屋市港区港町1−3
【営業時間】:営業時間・イベントカレンダーへ
※基本9時30分~17時30分か20時、冬期は17時まで
※入館は閉館の1時間前まで
【休館日】:月曜、祝日振替休日の場合は翌日、冬期メンテナンス休暇あり

巨大スクリーンのオーシャンシアターもある水族館です。

名古屋市営地下鉄名港線 名古屋港駅から、徒歩で約10分の名古屋港ガーデン埠頭にあります。

日本最大の水量と延床面積を誇る水族館でもあり、ダイナミックなイルカやシャチのショーを間近で見ることができたり、イベントが豊富で、ゴマフアザラシ、シャチのトレーニングやマイワシのトルネード等イベントが定期的に開催されています。

名古屋港水族館は、マツコの知らない世界の「ペンギンの世界」でもご紹介されました。

入館料

【水族館チケット】

種別 大人   高校生 小中学生 幼児
(4才以上小学生未満)
個人 2,030円   2,030円 1,010円 500円

【期間限定】17時から入館できるチケット

種別 大人   高校生 小中学生 幼児
(4才以上小学生未満)
個人 1,620円   1,620円 800円 400円

【4施設共通チケット】
※名古屋港水族館/南極観測船ふじ/名古屋港ポートビル展望室/名古屋海洋博物館が楽しめる

種別 大人   高校生 小中学生 幼児
(4才以上小学生未満)
個人 2,930円→2,440円   2,930円→2,440円 1,610円→1,210円 500円

その他に、名古屋港ポートビル展望室・名古屋海洋博物館・南極観測船ふじのいずれか1館の単独入館チケットや3施設共通チケットなどもありますので、公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

療育手帳や障害者手帳などお持ちの方も入館料が全額免除になったり、減額される可能性もありますので確認してみてください。

竹島水族館

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

蒲郡市竹島水族館 公式(@takeshimaaquarium)がシェアした投稿

【名前】:蒲郡市竹島水族館
【場所】:〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町1−6
【営業時間】:9時~17時まで(入館は16時半まで)
【休館日】:毎週火曜日で祝日の場合は翌日、12月31日、6月のメンテナンス日
公式ホームページはコチラ

狭い・ちっさい・ボロい…。かもしれないけど、とってもアットホームで解説が面白い水族館ということで人気です。

大水槽もないし、イルカもいないし、サッと見るだけなら15分で回れてしまうような小さな水族館ですが、年々来館者が増え続けています。

抱っこしなくても小さな子供が見られるように水槽が低くなっているので、家族で行くのも楽しめそうです。

入館料

入館料は、大人500円となっていて、子供の料金はじゃらんによると200円となっています。

サンシャイン水族館

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サンシャイン水族館 Sunshine Aquarium(@sunshine_aquarium)がシェアした投稿

【名前】:サンシャイン水族館
【場所】:〒170-8630 東京都豊島区東池袋3丁目1 サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上
【営業時間】:9時30分~21時(入館は終了1時間前まで)
【休館日】:年中無休
※土日祝、特定日は入場制限もありますので、事前予約を詳細はコチラ

天空のオアシスをコンセプトに、さまざまな生き物が生活する姿や、ワクワクするような展示方法をしていて、マツコの知らない世界でご紹介した中村元さんが手がけた水塊、ラグーンもあります。

サンシャイン水族館は、マツコの知らない世界の「ペンギンの世界」でもご紹介されました。

入館料

種別 大人     小中学生 幼児
(4才以上小学生未満)
個人 2,600~2,800円     1,300~1,400円 800~900円
年間パスポート
※2023年6月末で終了
  5,600円     2,800円 1,800円

法人・団体の場合や、お体の不自由な方は割引も適用されますので、公式ホームページを確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

水族館プロデューサー中村元がすすめる他の水族館や博物館

マツコの知らない世界では、いくつかの水族館がご紹介されていますが、その他にも中村元さんがおすすめするユニークな水族館があります。

それが、

・アクアマリンふくしま
・琵琶湖博物館

アクアマリンふくしま

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】アクアマリンふくしま(@aquamarinestaff)がシェアした投稿

【名前】:アクアマリンふくしま
【場所】:〒971-8101 福島県いわき市小名浜辰巳町50
【営業時間】:9時~17時30分(入館は16時30分まで)
※冬季は9時~17時まで(入館は16時まで)
【休館日】:年中無休
公式ホームページはコチラ

アクアマリンふくしまは東北で一番大きい水族館です。

潮目の海をテーマにした800種以上の生き物が展示されています。

世界最大のタッチプールもあったりと、体験もできる施設が併設されています。

スタッフの目線でマニアックな表情がインスタグラムで確認することもできます(^_-)-☆

入館料

  一般 団体 <20名以上> 年間パスポート
大人 1,850円 1,550円 4,250円
小~高校生 900円 750円 2,100円
未就学児 無料

高校生の方は学生証が必要です。

琵琶湖博物館

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

滋賀県立琵琶湖博物館(@biwahaku)がシェアした投稿

【名前】:滋賀県立琵琶湖博物館
【場所】:〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091
【営業時間】:9時30分 -~17時00分(16時までに入館)
【休館日】:毎週月曜日(休日の場合は開館)、その他臨時休館あり
公式ホームページはコチラ

生き物や暮らしを支える湖である、「びわ湖」のすべてを体感し、学ぶことができる何度もきたくなるミュージアムです。

小学生のお子さんがいると、学習にもなっていい場所かもしれませんね(*^^*)

入館料

  一般 団体 <20名以上> 年間パスポート
大人 800円 640円 1,600円
高校・大学生 450円 360円 900円
小中学校 無料

滋賀県に居住している満65歳以上の方は常設展示のみ減免される場合もあります。

スポンサーリンク

マツコの知らない世界|鈴木起世美がおすすめするペンギンが楽しめる水族館

マツコの知らない世界では、水族館プロデューサーだけでなく、「ペンギンの世界」では、年に1度開催される「ペンギン会議」で研究を発表した主婦の鈴木起世美さんが、熱くペンギンの魅力について語っていました。

そこでは、ペンギンが充実した水族館を紹介されていましたので、下記で名前や場所についてご紹介します。

しき
しき

中村元さんがご紹介したサンシャイン水族館と名古屋港水族館は、先にご紹介させてもらったので、そちら以外になります。

下関市立しものせき水族館「海響館」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

市立しものせき水族館 海響館(@shimonoseki_aquarium_kaikyokan)がシェアした投稿

【名前】:下関市立しものせき水族館
【場所】:〒750-0036 山口県下関市あるかぽーと6−1
【営業時間】:9時30分~17時30分(17時までに入館)
【休館日】:年中無休
公式ホームページはコチラ

野生の生活に近い環境が再現されているので、ペンギンの自然な様子が観察でき、たくさんのペンギンが群れとなって泳ぐ姿は圧巻です。

世界最大級のペンギン水槽ということなので、どこまで大きいのか気になるところです。

入館料

スポンサーリンク

入館料

  一般(高校生含む) 団体 <20名以上> 年間パスポート
大人 2,090円 1,780円 4,200円(市民以外)
2,100円(市民)
小中学生 940円 730円 1,900円(市民以外)
950円(市民)
幼児(3歳以上)

410円(団体は310円)
年間パスポート:850円(市民以外)、450円(市民)

障害者手帳や療育手帳をお持ちの方などは、割引制度もありますので、公式ホームページもご覧くださいね。

長崎ペンギン水族館

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

長崎ペンギン水族館【公式】(@nagasakipenguin)がシェアした投稿

【名前】:長崎ペンギン水族館
【場所】:〒851-0121 長崎県長崎市宿町3−16
【営業時間】:9時~17時
【休館日】:無休
公式ホームページはコチラ

9種類の約170羽ペンギンが自然の海で泳いだり、自由に過ごす姿を観察できる水族館です。

エサやり体験やペンギンタッチングなどの楽しいイベントもあるので、家族で行っても子供が喜ぶのではないでしょうか。

入館料

区分 個人 団体 年間パスポート
一般 520円 410円 1,250円
幼児・小中学生 310円 250円 730円

駐車場の料金は最初の1時間は200円になり、それ以降1時間ごとに100円で最大500円となっています。

登別マリンパークニクス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

登別マリンパークニクス(@noboribetsumarineparknixe)がシェアした投稿

【名前】:登別マリンパークニクス
【場所】:〒059-0492 北海道登別市登別東町1丁目22
【営業時間】:9時~17時(チケットは14時30分まで)
【休館日】:保守点検日
公式ホームページはコチラ

ペンギンパレードは1年を通して毎日開催されています。

ペンギンだけでなく、アザラシがクルクルまわるしかけのリングプールがあったりと、楽しめる内容となっています(*^^*)

入館料

  おとな
(中学生以上)
こども
(4歳~小学生)
乳幼児(3歳以下)
個人

2,800円

1,400円

無料
団体(10名様以上)

2,500円

1,250円

無料
障がい者特別料金

1,400円

  700円

無料
介助者(割引対象者1名様に付1名様)

1,400円

オムツ交換台は女性取れ入れに設置されているので、お父さんとお子さんのみで行く場合は注意が必要かもしれません。

駐車料金は、「大型 1,500円、普通車 500円、自動二輪車 200円」となっています。

すみだ水族館

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

すみだ水族館(@sumida_aquarium_)がシェアした投稿

【名前】:すみだ水族館
【場所】:〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
【営業時間】:
平日10時~20時(19時までに入館)
土日祝 9時~21時
※6/7は17時までで、16時までの入館になります
【休館日】:年中無休
公式ホームページはコチラ

すみだ水族館は、東京スカイツリー内にある水族館です。

ペンギンが屋内開放型の水槽で泳ぐ姿が見れたり、「すみだペンギン相関図」というペンギン愛にあふれたペンギンの関係が分かる展示物もあります。

入館料

  一般料金 年間パスポート
大人 2,500円 5,500円
高校生 1,800円 4,000円
中・小学生 1,200円 2,700円
幼児(3歳以上) 800円 1,800円

駐車場はありませんので注意してください。

スポンサーリンク

マツコの知らない世界家族で行きたい水族館まとめ

いかがでしたでしょうか。

私の地域にも水族館はありますが、楽しそうなしかけがあるものは少し遠いところまでいかないとありません。

家族の旅行として一度は行ってみたい場所だなと感じました。

【中村元さんがご紹介した水族館】
・福岡県マリンワールド海の中の道
・山形県加茂水族館
・名古屋水族館
・愛知県竹島水族館
・池袋サンシャイン水族館

【鈴木起世美さんが紹介したペンギンが楽しめる水族館】
・山口県下関市立しものせき水族館
・長崎県長崎ペンギン水族館
・サンシャイン水族館
・名古屋港水族館
・北海道登別マリンパークニクス
・東京都すみだ水族館

マツコの知らない世界に出演されたことのある中村元さんは、本も出版されています。

訪問取材した水族館ガイドもチェックしてみてくださいね♪
error: Content is protected !!