竹内由恵アナの離婚しているの?危機的噂の真相と結婚相手は誰? | しきの部屋

竹内由恵アナの離婚しているの?危機的噂の真相と結婚相手は誰?

竹内由恵アナの離婚しているの?危機的噂の真相と結婚相手は誰? 芸能
スポンサーリンク

ミュージックステーションのアシスタントなどで知られる女性アナウンサーの竹内由恵さん。

2019年3月に一般人の男性と結婚しましたが、結婚生活1年半で早くも離婚の危機を迎えているとの噂が流れています。

今回は、竹内由恵アナの離婚の噂の真相と結婚相手の男性について調査してきました。

スポンサーリンク

竹内由恵アナの離婚しているの?危機的噂の真相

竹内由恵アナの離婚しているの?危機的噂の真相と結婚相手は誰?

竹内由恵さんは2019年の結婚からまだ1年半程度。

世間的に新婚と呼ばれる結婚生活で最も楽しい時期に離婚説が浮上したのは、竹内由恵さんが出演している番組内での発言がきっかけと言われています。

7月の上旬、竹内由恵さんは自信の冠番組でもある「竹内由恵 WITH!」(ニッポン放送)の番組中に「鎌倉に住みたい」と語っていました。

竹内由恵さんは結婚を機にそれまで勤めていたテレビ朝日を退職し、医師として働く旦那様が住んでいる静岡に生活の拠点を移しています。

現在はフリーアナウンサーとして地元の静岡での仕事をメインにしていますが、最近密かに東京での仕事復帰を考えているようです。

鎌倉から東京までは電車や車で2時間弱なので仕事復帰に関しては問題ありませんが、旦那様が勤めている静岡県の病院は鎌倉から毎日通うには厳しい場所にあると言われています。

万が一鎌倉への移住が実現した場合、別居もしくは週末婚という選択をせざるを得ないのではないでしょうか。

旦那様が勤務している病院を変えれば問題は解決しますが、医師として自分のプライベートを優先して患者を見捨てるようなことはしない可能性が高いといえます(;・∀・)

このことから離婚危機と言われていますが、これ以外にも気になるエピソードがいくつかあります。

生活習慣の違い

その一つが生活習慣の違いで、竹内由恵さんは独身時代から仕事柄お風呂は朝に入るのが習慣でしたが、旦那様は真逆の夜派。

体を清潔にしない状態でベッドに入ることが許せないらしく、結婚直後に寝る前にお風呂に入ることを懇願されたそうです。

他人同士が一緒に暮らす以上、こういった生活習慣の違いは必ず出てきますし、どちらかが折れなければ夫婦関係は厳しいものになっていくのではないでしょうか。

この旦那様の提案を竹内由恵さんは受けれ入れたようですが、長年の生活スタイルを変えさせれたことに少なからず不満はあったそうです。

旦那のファッションセンス

そのほかにも「竹内由恵 WITH!」の放送内で旦那様の独特なファッションセンスに抵抗を感じていて、一緒に歩くのが恥ずかしい時もあると語っています。

こうした数々の旦那様への不満と移住発言が離婚説に繋がったのかもしれません。

スポンサーリンク

竹内由恵アナの結婚相手は誰?名前や経歴

旦那様の話は竹内由恵さん結婚生活のエピソードトークなどで時折出てきますが、詳しい情報について語っていません。

気になる竹内由恵さんの旦那様について調べてきました。

一般人ということもあり、名前は公開されていません。

結婚発表で竹内由恵さんの口から同級生であることが語られているので、年齢は33歳~34歳と推測できます。

職業は医師で生まれ育った静岡県の病院で勤務をしています。

プライバシーの問題から勤務地が総合病院か個人診療院かも明らかにされていません。

場所によって異なりますが、30代の勤務医の平均年収は1000万円、開業医だと2500万円近くにもなると言われています。

2人のことを知っている関係者の話による旦那様は、俳優の山崎賢人さん似のイケメンとのこと。

竹内由恵アナの離婚しているの?危機的噂の真相

四季
四季

竹内由恵さんと並んで歩いていたら美男美女の夫婦として否が応でも目立つでしょうね。

竹内由恵さんと旦那様は、2018年に友人の紹介で知り合ったのがきっかけでその年の8月頃から交際が始まったと言われています。

8ヵ月という比較的短い交際期間でのゴールインでしたが、竹内由恵さんは交際2ヶ月程で結婚を意識していたそうです。

独身時代にインタビューで好きな男性のタイプについて

  • スポーツで悔し涙を流している男性
  • 何かに向かって頑張っている男性

と答えています。

医師として高い志を持っている旦那様に惹かれたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ネット上で流れている離婚説はあくまで噂です。

竹内由恵さんが抱えている不満は夫婦ではよくある話ですし、それがきっかけで離婚になるとも思えません。

真相は分かりませんが、悲しいニュースは聞きたくないので単なる噂話で終わってほしいと願うばかりです。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました