【出産準備】春夏生まれの女の子に必要なアイテムは?

【出産準備】春夏生まれの女の子に必要なアイテムは? お役立ち

春夏となると、温かい気持ちのいい季節に突入しますが、気がつけば汗ばんでしまうような暑さが出てくるようになります。

これが、夏本番に突入すると尚更ですよね。

花粉も飛びやすい季節ということもあり、アレルギー対策も必要になってきます。

そこで、今回は春夏出産を控えたママたちの出産準備に必要なアイテムを、女の子の出産予定の方に絞り、ご紹介していきます。

出産準備|春夏の女の子に必要なアイテムは【一般】

出産を控え、何を準備して良いのだろう?

そう悩まれる方も多いと思います。

そこで、ここからは出産準備に必要なアイテムをご紹介していきます。

1.母子手帳ケース

出産後にも必要になり、使う機会の多い母子手帳

その母子手帳を入れるためのケースが必要です。

自治体により、母子手帳の大きさは変わるため、サイズを合わせて購入するようにしてくださいね。

2.哺乳瓶

出産後、授乳に必要なのが哺乳瓶です。

初めての出産だと、どのように哺乳瓶を扱うのか分からない。

買った哺乳瓶が扱いづらかった。

などを防ぐため、早めの購入がオススメです。

3.おむつポーチ

おむつを携帯するために、おむつポーチを準備しておきましょう。

容量に余裕のあるマザーズバッグというのもあり、入退院後にも重宝しますよ。

4.よだれかけ

新生児は、よだれが垂れることも多く、そのままにしておくのは、オススメできません。

衛生面も考え、吸水性が高いものや、着脱も簡単なものを選ぶのが良いでしょう。

5.ピュアベビーコットン

汗やお風呂上がりなど、体を拭いてあげるアイテムとしてとても便利です。

速乾性に優れており、部屋干しにも最適です。

6.ツーウェイオール

2パターンのウェアになり、ベビー服カバーオールにも使えます。

成長が進み、4~5月ぐらいのお子様まで着用が可能

足元にあるスナップの留め方1つで変化するので、簡単に使用できます。

7.肌着

赤ちゃんの肌はとても敏感で、直接肌に触れる肌着は第2の肌、別名ネクストスキンとも呼ばれています。

汗もかきますし、汚れやすいので、いくつあっても困らないアイテムです。

肌に優しい素材など、一番気を使うべきアイテムになっています。

出産準備|春夏に持っていけば良かったアイテム

今までは、出産準備に必要なアイテムをご紹介しましたが、出産後こんなものがあれば良かった

と思った先輩のママたちがいらっしゃいます。

その中から、挙げられる機会の多かったものをご紹介いたします。

1.授乳クッション

授乳クッションは、赤ちゃんに授乳を行う際に、体を支えてくれるとても便利なアイテムです。

クッションはU字の形になっており、クッションを腰に装着し、その上に赤ちゃんを乗せることで、体重を安定させます。

クッションを使えば、腕や肩、腰などの負担を軽減することができます。

3から4ヶ月ぐらいのお子様まで使えるので、体の負担を減らすなら、使用がオススメです。

2.哺乳瓶の消毒器

赤ちゃんは、免疫・抵抗力が弱く病気から守るために、必要なアイテムです。

消毒臭いのに抵抗がある方もいるようですが、赤ちゃんが嫌がらないのであれば利用を検討しても良いでしょう

哺乳瓶だけでなく、キャップや乳首は洗いづらく、綺麗にしたつもりでも雑菌が残っている場合があります。

赤ちゃんに飲ませるミルクは栄養価が高く、洗い残したミルクを餌にした雑菌は、一気に増殖する恐れもあるので、消毒して使えれば、赤ちゃんのためには安心です。

レンジで加熱除菌できる商品もあるので、薬剤を使いたくない方は、こちらも検討してください。

3.ストレッチパイル

赤ちゃん布団がどのようなサイズになっても、素材自体がよく伸びるため、とても便利です。

春夏向けのストレッチパイルも販売されていますので、時期を見極めて、ぜひ購入してみてくださいね。

4.タオルケット

夏は暑いのに、タオルケットは必要なの?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、部屋の中を冷房でキンキンに冷やすと、タオルケットほどで暖がとれるようになるので、オススメです。

子供でなくても、冷え性のママにもオススメですよ!

出産準備はいつからするもの?だいたいの予算

【出産準備】春夏生まれの女の子に必要なアイテムは?

出産を控え、ママのために必要なアイテム。

産まれてくる赤ちゃんに必要なアイテムなど、それぞれどれくらいの予算を考えておけばよいのでしょうか?

ママの入院準備と赤ちゃんに必要なアイテムそれぞれ15,000円前後

ママに必要なのは、入院時に必要なパジャマやショーツなど、身につけるものが主になってきます。

出産後は、マタニティを意識する服装でなくても良いため、自分が楽と思える格好がオススメです。

赤ちゃんに必要なアイテムも、肌着や着替えなど、あとはオムツなどが必要になってきます。

長期間入院するわけではないので、何枚も必要無いと思われている方も多いかも知れませんが、以外にも汚れや汗などで、赤ちゃんは着替える機会が意外と多くあるんです。

こんなに必要なのかな?

と思っても、結果足りないとなっては困ってしまいますので、準備できるのであれば、今後も使うので、多めに準備しておきましょう。

出産後は、体温計や綿棒、爪切りなど、細々とした日用品が必要になってきます。

ちなみに、このような日用品は、必要な時に買っていくと、だいたい10万円以上になってしまいます。

もし、日常的に楽天市場などの通販を利用されているのであれば、ポイントも貯まりますので、通販でも問題ないものは、購入を検討するのもオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、春夏生まれの赤ちゃんに必要なアイテムを、女の子が産まれる想定で、ご紹介いたしました。

初めての出産で、何を準備したら良いか分からない方には参考になりましたでしょうか。

入院時には、コレを準備してください。

といったリストを準備してくれる病院もあるため、一人で何でも調べようとせず、気軽に病院に問い合わせてみるのもオススメです。

産婦人科の看護婦さんも、出産経験者の方がいたりするので、親身になって相談に乗ってくれる病院もあります。

不安でいっぱいだと、元気な赤ちゃんを産むことに集中できないかもしれないので、是非ともこの記事も参考にしてくださいね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました