サンバリアには日傘が必須!!【おすすめ20207選】とメリットデメリットも解説

サンバリアには日傘が必須!!【おすすめ20207選】とメリットデメリットも解説 お店情報

今年も、日差しの気になる季節が近づいてきました。

とは言え、今は1年を通して持ち運ぶ人も増えた日傘です。

日傘は女性のアイテムと思いきや、今では暑さ対策に男性も持っている人が増えたそうです。

そこで今回は、日傘のメリットとデメリットを踏まえた上で今年おススメの日傘もご紹介していきます。

サンバリアの日傘はいいの?メリット・デメリット

紫外線対策として当たり前に使っている日傘。

しかし効果までは深く考える事ってないですよね。

日傘をこれから購入される方に、参考になるメリットとデメリットをご紹介します。

今持っている人も、こんな効果があったのか!と思っていただけると思います。

メリット

①:紫外線カット

紫外線と聞くと、肌に悪そうなイメージを持ちませんか?

紫外線は皮膚ガンの原因にもなりますので大量に浴びるのは避けたいものです。

日傘は通常の傘とは違い、紫外線カットの加工がしている商品が大多数。

シミなどの肌トラブルを、日焼け止めだけでカバーすることが、できないこともありますので日傘を一緒に使うことで効果上げることが期待できます

 

②:涼しい

男性が日傘を持ち始めるようになった理由の1つである涼しいという点。

持ってない人の中には、傘でそんなに涼しくなるの?と思う方も多いはず。

実は、日陰と日向では温度の差が全く違います

街でも、日陰に行くと涼しく感じますよね?

猛暑が続く夏になると、表面温度の差は日陰と日向で約20℃ほど変わると言われています。

思っているよりも体感温度は変わりますので、熱中症の対策などに効果的です。

 

③:携帯の便利

販売されている多くの日傘は折り畳みタイプのものが主流です。

折り畳みタイプの日傘であればカバンに入れておくだけでいつでも取り出しが可能なので場所も取りませんし、いつでも取り出すことができますよね。

日陰の場所がずっとあるわけではないので、ふとしたときにあると便利です。

デメリット

①:荷物になる

ちらほらと日傘を持たない人の理由で多いのが、荷物になるというもの。

中には、カバンの容量の問題で持ちたくないという人もいます。

折り畳みタイプだけでなく、長傘タイプも天気が良いにも関わらず片手が塞がってしまうという人に嫌煙されがちです。

 

②:デザインが女性向けすぎる

これは男性特有のデメリットではないでしょうか。

確かに日傘は近年でこそ、男性が持ち始めることが多くなりましたが、世間のイメージでは女性が持つものという方が大半です。

日傘の販売コーナーに行くと、どうしても女性向けのデザインが目立ちます。

しかし今は男性向けのデザインも販売されていますので、その点では安心ですが、イメージとして女性っぽいというのが、変わっていくのはまだ少し先になりそうですね。

 

サンバリアの日傘を買うおすすめ7選【2020】

日傘は種類が多くあるけれど、どれも一緒なんじゃないか?

と思っていませんか?

確かに種類は豊富にありますが、夏になると猛暑でニーズを増やしている日傘はどんどん進化しているのです。

そんな数多くある日傘からオススメのもの7つをご紹介いたします。

グローブデポ

 

この商品の特徴は、軽いという所にあります。

日傘のラインナップの中では世界最軽量クラス

そしてなにより、雨天時も利用することができるため通年を通してカバンの中に入れているだけでお出かけの時に重宝するのではないでしょうか。

完全遮光率は100%でUVカット率は99.9%です。

従来の日傘では、生地がどうしても厚くなり重さが出ていたのですが、生地と骨組みを改良したことにより軽量化に成功したそうです。

四季
四季

デザインもシンプルなので男性でも持ち歩きやすそう。

芦屋ロサブラン

この商品の特徴は生地裏にこだわりがあるところです。

日本製という点にもこだわっているのですが、生地裏が従来のコーティング加工ではなく、使用時の摩擦に強いラミネート加工が施してあります

もちろん生地にも日本でもトップクラスの工場で厳しい審査をクリアしたところで製造された徹底ぶり。

その評価から楽天でもシェアトップの実績を持っています。

遮光率は100%でUVカット率は99.9%で、雨天時も使用可能。

シノワズリーモダン

この商品の特徴は、刺繍のデザイン性の高さです。

刺繍は、優雅と表現され、スワロフスキーを組み合わせたデザインもラインナップ。

刺繍の入った生地の裏には、遮光性が高いウレタンコーティング生地を重ね、生地には30デニールの極細糸を使用することで高密度で撥水と軽量に成功しています

楽天ランキングも常に上位で、満足度も高い評価を得ています。

完全遮光率は100%でUVカット率は99.9%で雨天時にも使用可能です。

モンベル

この商品の特徴は、親骨に軽量で強度の高いカーボンを使用した丈夫さです。

傘の表面には日差しを反射するシルバーコーティングを使い、裏面は黒くすることで遮熱の効果を高めています。

収納時は大きさが27cmほどになり、コンパクトに収納することが可能なのでカバンの中の容量が気になる人にはおススメです。

 

デュポン社製のテフロン加工の日傘

スタンダードから折り畳みまで種類が豊富にあるのが特徴です。

生地の撥水率が高く、生地には超撥水で有名なデュポン社製のテフロン加工が施されています。

シャフトにはアルミをすることで、頑丈で軽量。

持ち手には汚れが付きにくい竹を使用しています。

UVカット率と遮光率は100%で雨天時にも使用可能です。

 

リーベン
生地の外側にポリウレタンコーティングを施しているため、一般的な日傘よりも12℃以上の外気との温度差を体感することが出来るのが特徴です。

表面にはシルバーコーティングを施すことで、太陽熱を良く反射し熱を受けにくい構造にもなっています。

2018年には、楽天の日傘のランキングで1位を獲得しています。

UVカット率、遮光率は99%以上で雨天時にも使用可能です。

macocca

日傘の骨組みが特殊構造になっており、強風に強いのが特徴です。

風の力を受けても、反り返る事で風の力を受け流します。

日傘の中でもサイズが大きく、開いた直径は100cmで日からしっかり守ります。

UVカット、遮光率は100%で撥水力も高く雨天時にも使用が可能です。

 

まとめ

今回は日傘のメリットとデメリットとオススメ日傘を7つ紹介しました。

おススメの日傘は

・グローブデポ
・芦屋ロサブラン
・シノズワリーモダン
・モンベル
・マックスシェアー
・リーベン
・macocca
今年も暑い夏がやってきます、紫外線対策というだけでなく、熱中症対策としても一本忍ばせてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました