佐藤翔馬はお金持ち⁈父親の職業や兄弟は?彼女もいるのか徹底調査!!

佐藤翔馬はお金持ち⁈父親の職業や兄弟は?彼女もいるのか徹底調査!! スポーツ
スポンサーリンク

佐藤翔馬さんは、2021年4月7日に東京アクアティクスセンターで行われている日本選手権兼東京五輪代表選考会で、日本新記録を打ち立て、日本代表の切符を手にしました。

元世界記録保持者の北島康介さんと同じ東京SCで育った期待の新星佐藤翔馬さんの強さの秘密は、育ってきた環境が大きく影響していると言われています。

今回は佐藤翔馬さんの強さの秘密に迫ってきました。

何やらお金持ちという噂もあるようで、真相はどうなのでしょうか。

父親の職業や兄弟、彼女についてなど迫っていきます。

スポンサーリンク

佐藤翔馬の学歴やプロフィール

佐藤翔馬選手の強さの秘密を語る前に、まずはプロフィールをご紹介します。

・プロフィール
名前:佐藤翔馬(さとう しょうま)
本名:同じ
生年月日:2001年2月8日(20歳)
出身地:東京都港区
職業:競泳選手
専門種目:平泳ぎ
身長:177cm
体重:74kg
学歴:慶應義塾幼稚舎→慶應義塾普通部→慶應義塾高校→慶應義塾大学(在学中)
趣味:ラーメン食べ歩き
好きな食べ物:タピオカ、牛タン

※2021年4月時点

東京都港区で生まれた佐藤翔馬さんは、驚くべききことに0歳の時から水泳を始めています。

小学校は公立ではなく、隣の渋谷区にある私立慶應義塾幼稚舎に入り、本格的に水泳に打ち込み始めたのは、小学校3年生の時に豊島区にある東京SCに入ってからです。

この東京SCは、オリンピック平泳ぎで金メダルを獲得し世界記録も打ち立てたことがある北島康介さんも通っていたスクールで、才能の高さから、佐藤翔馬さんは北島2世として大きな期待が寄せられていました。

四季
四季

その期待に応えるように才能を開花させた佐藤翔馬さんは、数々の大会で好成績を残すようになります。

佐藤翔馬さんは、小学校時代は色々なスポーツにチャレンジしていましたが、中学に進学したタイミングでどれか一つに絞る決意をし、水泳を選択しました。

水泳一本に打ち込んだことでさらに才能が伸びて、中学3年の時に出場した全国中学校体育大会で平泳ぎで5位の成績を収めます。

高校に入ってからも水泳部とスイミングスクールの両方で技術を磨き、2019年には日本学生選手権水泳水泳競技大会の平泳ぎ100mで3位、200mで優勝という成績を残しました。

この優勝時に出した記録は、オリンピックの派遣標準記録まで1秒に迫る物で、一躍オリンピック候補として注目を浴びることになります。

大学進学後も成長続ける佐藤翔馬さんは、2020年に日本学生選手権で100m、200mの二冠を達成し、その勢いのままに2021年4月に行われたオリンピック選考会で見事代表の座を勝ち取りました。

スポンサーリンク

佐藤翔馬の父親の名前や経歴は?

インターネットで、佐藤翔馬選さんの実家がお金持ちなのではないかという噂が流れています。

それについて調査した所、この噂は真実味があるような内容でした。

というのも、佐藤翔馬選手の父親の名前は佐藤新平さんで、職業は医者になります。

佐藤家は代々医者の家系で、佐藤翔馬さんの祖父も医者をしているとのことです。

一般人になりますので、仕事への影響も考えてと思われますが、顔などは公開されていません。

専門は消化器系の内科で、佐藤翔馬さんの体のケアも担当しているのもお父さんです。

まさに親子二人三脚でオリンピックの切符を手に入れた、と言ってもいいのではないでしょうか(´艸`*)

佐藤翔馬さんのお父さんの趣味はヨットクルーズで、佐藤翔馬さんも子供の頃から日常的にクルージングに連れて行ってもらっていたと語っていました。
四季
四季

佐藤翔馬さんが0歳の時から水泳を始めていたのは、このクルージングで万が一海に落ちてしまった時に溺れないように習わせていたからと言われています。

代々医者の家系だけに将来佐藤翔馬さんも医者になるのかと思われましたが、大学は医学部ではなく商学部に在籍している所をみると、卒業後は医者以外の道に進むのかもしれませんね。

医者になるには大学を卒業後に病院で研修医として様々な経験を積まなければならないため、水泳に打ち込む時間が減ってしまう可能性があります。

「水泳と仕事を両立できる職業を選択したい」という思いもあるのではないでしょうか。

プロフィールでも記載したように、佐藤翔馬さんの実家は東京都港区です。

ご存じのない方のために説明をしておくと、港区は東京の中でも1、2を争う高級エリアで、芸能人やIT系の企業などの富裕層が多く住んでいる場所になります。

高級住宅地に住み、子供を小学校から大学までエスカレータ式に進学できる私立校に通わせられるのも職業が医者ということなら、納得できる理由です。

佐藤翔馬さんは、過去に自宅からこんな景色が見れると語っていました。

同じ高さだとすると、住まいは港区の高級タワーマンションなのでしょうかΣ(・ω・ノ)ノ!

スポンサーリンク

佐藤翔馬は英才教育?!エピソード

佐藤翔馬さんの強さの秘密は、父親の厳しい英才教育にあると言われています。

小学校時代、佐藤翔馬さんは水泳以外に野球、サッカー、陸上、体操、絵画、ピアノといった、一般的な子供が習う物は全て習っていたといいます。

これだけの習い事をしていても、佐藤翔馬さんは愚痴をこぼさず一つも手を抜かなかったと語っていました。

大学生になった現在も朝5時に起床をして練習をした後に大学に行き、夕方から夜中まで再び練習をする生活を続けています。(2021年時点)

大学生ともなれば遊びの誘惑もたくさんありそうですが、それらには目もくれずストイックに水泳に打ち込みハードスケジュールを続けられるのは、幼少期の経験が体に染み込んでいるからではないでしょうか。

スポンサーリンク

佐藤翔馬に兄弟はいる?年齢や名前は?

水泳の実力がすごい佐藤翔馬さんに、ご兄弟はいるのでしょうか。

佐藤翔馬さんの父親と母親の存在は確認できていますが、兄弟がいるかについては不明です。

Twitterを始めとしたSNSもやられていますが、これまでに兄弟の話題が一度も出てきたことはありません。

雑誌などのインタビューでも語られていない所をみると、一人っ子なのかもしれませんね。

とはいえ、先ほども紹介したように佐藤家は4代続く医者の家系で父親もそれを受け継いでいます。

佐藤翔馬さんは慶應大学の商学部に在籍していることから、医者の道に進む気持ちはなさそうですし(断定はできませんが)

このまま行けば父の代で途切れることになるのでしょうか…。

存在を明かしていないだけで兄弟は存在し、その人が医者の道に進むことが決まっているから佐藤翔馬さんは別の道に進んでいるという可能性も否定できません。

今回のオリンピックは東京での開催なので、ご家族で会場に応援に行くことは間違いないと思われます。

その時に真相が明らかになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

佐藤翔馬に彼女はいる?

爽やか系のイケメンでスポーツマン、明るく気さくな性格で誰からも愛される佐藤翔馬さんですから、アプローチをする女性も多いはず。

彼女もやはりいるのでしょうか。

調査してみましたが、現時点でお付き合いしている女性の存在は確認することができませんでした。

存在を匂わせるような発言もないので、いない可能性が高いですが、断定はできません。

とはいえ、現在も朝5時起きで朝練、日中は大学で勉強、夕方から夜間までの練習、合間を縫って大会に出場というハードスケジュールで生活をしているので、もし科の彼女がいても、恋人とのデートはおろか、友人と遊びに行くことも殆どできないのではないでしょうか。

四季
四季

当面は水泳が恋人といった所かもしれません。

スポンサーリンク

佐藤翔馬の水泳の成績

佐藤翔馬はお金持ち⁈父親の職業や兄弟は?彼女もいるのか徹底調査!!
参照元:https://twitter.com/satoswim2001/status/1299643649534304256/photo/1

プロフィールでも軽く紹介しましたが、改めて佐藤翔馬さんのこれまでの水泳の成績をご紹介します。

【2015年】
・春季ジャパンオープン「 50m平泳ぎ」
⇒2位※ジュニア敢闘賞

【2017年】
・ジュニアオリンピックカップ
⇒銅メダル
・神奈川県高校大会男子「200m平泳ぎ」
優勝
2分14秒79※大会新記録

【2018年】
・ジュニアパンパシフィック選手権日本代表選出

【2019年】
・ジャパンオープン2019「男子200m平泳ぎ 」
⇒2位(2分9秒42)
・欧州グランプリ第1戦・モナコ大会「男子200m平泳ぎ」
優勝※ドイツのマルコ・コッホと同着
・日本学生選手権「世界ジュニア」
2分9秒21※大会新記録
・第95回日本学生選手権水泳競技大会「男子100m平泳ぎ」
⇒3位
・第95回日本学生選手権水泳競技大会「男子200m平泳ぎ」
優勝(2分9秒21)

【2020年】
・北島康介杯「200m平泳ぎ」
⇒2分7秒58
・第96回日本学生選手権水泳競技大会「100m平泳ぎ」
優勝(59秒55)
※「200m平泳ぎ」 大会新記録(2分07秒02)
・日本選手権2020「100m平泳ぎ」
⇒優勝(59秒59)

【2021年】
・北島康介杯「200m平泳ぎ」
2分6秒78(優勝世界4位となる記録)※タイムは当時世界4位
・ジャパン・オープン「200m平泳ぎ」
優勝(2分6秒74)
※当時の日本記録まで0.07秒
「100m平泳ぎ」
優勝(59秒67)
・日本選手権2021「100m平泳ぎ」
優勝(59秒30)
※五輪派遣標準記録となる59.93秒を上回りリレーのメンバーとして内定
「200m平泳ぎ」
優勝(2分6秒40)※日本新記録の更新によって日本代表に内定

※2021年4月8日時点

北島二世という周囲の期待に応えるように、佐藤翔馬さんはこれまでに数々記録を更新してきました。

東京オリンピックの代表選手を決める選考会で、日本記録を更新するなど進化を続けている佐藤翔馬さんが、本番で一体どんな泳ぎを見せてくれるのか楽しみでなりません。

スポンサーリンク

まとめ

東京オリンピックが自国開催ということもあって、数多くの種目で金メダルの期待が高まっています。

今回ご紹介した佐藤翔馬選手もその一人です。

この記事を書いている時点で400mリレーと200mの2種目の代表が内定していることから、東京SCの先輩北島康介さんと同じオリンピックでの二冠達成も実現できるのではないでしょうか。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました