恩赦の事例|日本で過去死刑囚も仮釈放されていた?!令和の対象者はどうなる?

恩赦の事例|日本で過去死刑囚も仮釈放されていた?!令和の対象者はどうなる? 時事
スポンサーリンク

皆さん「恩赦」という言葉をご存知でしょうか。

読み方は「おんしゃ」と言います。

これを受け、日本では疑問符を投げかけている人も多くありません。

私も正直何のためにあるんだと思っています(^^;)

意味は分かりやすく言うと「裁判できまった刑罰を、特別な”なさけ”によって許し、または軽くする」ことを言います。

恩赦は内閣が決定し、天皇が認証することになるのですが、「え?刑罰が軽くなる⁈」って思いますよね。

被害者の意思を無視してない?って思う人もいるようです。

今回、令和天皇即位に当たり、この「恩赦」が実施されるとのことです。

過去どういった事例があったのか、さらに令和では対象人数はどうなるのかを調査してみました。

四季
四季

刑罰が軽くなるってなんだかイヤだな。

しきくん
しきくん

そう思う人は多いよ。

スポンサーリンク

恩赦の事例|日本で過去死刑囚も仮釈放されていた?!

恩赦の事例|日本で過去死刑囚も仮釈放されていた?!令和の対象者はどうなる?

皆さん、刑罰が軽くなることにどう思われますか。

「恩赦をする意味ってあるのか」という疑問を感じる人も少なくありません。

現に「時代遅れ」や「今どきいるのか」などとの声が多いです。

恩赦にもいくつか種類がありますので、下記でご紹介します。

まず、恩赦は「政令恩赦」と「個別恩赦」分けられ、個別恩赦の中に「常時恩赦」「特別基準恩赦」があります。

そのそれぞれの恩赦により、受けられる内容が違ってきます。

受けられる内容は下記のとおりです。

1:有罪判決を無効にする「大赦(たいしゃ)」
2:刑罰を軽くする「減刑」
3:有罪判決によって制限された資格を回復する「復権」
4:刑の執行がなくなる「刑の執行の免除」
※ただし刑を言われたことに対してはなくならない
5:罪を言い渡された人の中で、特定の人にだけ刑をなくす「特赦(とくしゃ)」

上記の対象者に選ばれた人は「二度と悪いことをしない」代わりに刑が軽くなり、前に進むことができます。

冤罪や軽い刑の人にとってはありがたい制度にもなりえますが、これらを実施された有罪者の犯罪歴はどうなるのかという疑問もあるようなので、調べてみると以下の通りでした。

恩赦の種類によっては前科が消えるとありますが、今回はそういった発表はされていませんので、無くならない可能性が高いです。

では、過去の対象者や事例はどうなのでしょうか。

≪過去の対象人数≫

時期 対象人数
昭和22年11月 4,750人
昭和27年4月 100万6628人
昭和27年11月 3,478人
昭和31年12月 71,782人
昭和34年4月 48,738人
昭和43年11月 15万2818人
昭和47年5月 34,503人
平成元年2月 1,017万人
平成2年11月 250万人
平成5年6月 1,277人

過去にこんなに恩赦を受けていたんですねΣ( ̄□ ̄|||)

どういった人が対象になるかというと、過去昭和天皇の時は2度行われていますが、どちらも殺人や傷害と言った被害者がいるような事件に関しての受刑者は釈放したことはなく選挙違反・道交法違反者などの復権が対象になりました。

今回は26年ぶりの実施となりますが、何よりも驚いたのは過去に死刑囚も恩赦を受けていたと言います。

理由もあったようですが、こういった事例がありました。

≪死刑囚の恩赦事例≫
★:公判記録が滅失し試行執行手続きができないので、特殊事情の恩赦で無期懲役に「減刑」
★:犯行時が17歳で少年法改正にともない「減刑」
★:重度の精神障害のため「減刑」など

まったくの罪がなくなるわけではないですが、減刑はされていたようです。

さらにその中の一人は無期懲役に減刑された後仮釈放されていたといいます( ゚Д゚)

四季
四季

令和では代替わりになるので「大喪の礼」はありません。過去、大喪の礼でも恩赦が実施されました。

しきくん
しきくん

「たいそうのれい」とは天皇の葬儀のことを指すよ。

恩赦|令和の対象者はどうなる?

恩赦の事例|日本で過去死刑囚も仮釈放されていた?!令和の対象者はどうなる?

恩赦とは罪を言い渡されていた人がなさけの元、刑を軽くするという意味になります。

過去100万人が対象になった年もあったというので、すごい数ですよね(^_^;)

対象者は選挙違反を犯した人が殆どでした。

では今年は何人の人が対象になるのでしょうか。

今年は55万人を対象にということです。

過去昭和天皇の時は2度行われていますが、99%が選挙違反・道交法違反者などの復権が対象でした。

99%ということなので、ほぼ軽い刑罰の人が対象ということですね。

復権は有罪判決を受けて、制限されていた資格を回復することです。

令和ではさらに軽微な犯罪が対象になり規模も縮小されています。

≪令和での主な対象者≫
★:「罰金刑」かつ「執行終了から3年以上を経過」した人

短期間に再び犯罪を犯したりする人にふるいかける主眼とのことです。

今回の恩赦は「大赦」「特赦」に関しては行わないとし、効果が小さい「復権」に的を絞った感じになります。

被害者に配慮した形にります。

・大赦は「有罪判決を無効にする」こと
・特赦は「罪を言い渡された人の中で、特定の人にだけ刑をなくす」こと
四季
四季

復権された人は罰金刑を受けて国家資格などを喪失・停止したことが再び取得した形になります。

しきくん
しきくん

2016年10月21日までに罰金をおさめて、その後3年間再犯していない人が対象だよ。

ほとんどが速度超過や酒気帯び運転などで罰金刑を受けた人、選挙違反など公職選挙法違反者になります。
政令恩赦と特別基準恩赦

先ほども言いましたが恩赦は「政令恩赦」「個別恩赦」に分けられます。

さらに個別恩赦は「常時恩赦」と「特別基準恩赦」に区分されます。

詳細は下記のとおりです。

①:政令恩赦
令和では先ほどの2016年10月21日までに罰金をおさめて、その後3年間再犯していない人が対象で、主に速度超過などや国家資格を停止・喪失した人が資格を回復することになります。

対象を復権のみとしています。

②:特別基準恩赦
病気などで長期にわたり刑の執行が停止されて、長期にわたり執行が困難な人にたいし、「刑の執行の免除」を実施します。

これは、刑を受けたことにより社会生活上の障害を受けている罰金刑の執行終了した人に対しての復権になります。

特別恩赦は内閣が一定の基準を設け、一定の期間を限って行われるもの、常時恩赦は常時いつでも行われるものになります。
四季
四季

今回は常時恩赦についてはなされません。

まとめ

恩赦の事例|日本で過去死刑囚も仮釈放されていた?!令和の対象者はどうなる?

令和の即位にあたり、恩赦が実施されてるとのことです。

今回は26年ぶりの恩赦になり対象者は大幅に縮小され55万人となります。

罪を言い渡された人の中でも特に軽い人に対して行われると予想されますので、大半が「選挙法違反者」や「道路交通法違反者」に対して実施される可能性が高いと言えます。

過去には死刑囚が減刑され「無期懲役」になった事例もありましたが、今の時代、被害者を無視した施行はされません。

実施すると言うなら、国民が納得するような理由が必要になってきそうですね。

実際、令和では「復権」を主に「罰金刑でかつ執行終了から3年以上経過した人」になります。

しかし、世間では「恩赦は時代遅れ」とも言われています。

日本は国民主義で民主主義国家です。

立法権と司法権もあるのに、それらの決定を覆すというのは時代錯誤という声もあります。

タイトルとURLをコピーしました