【本当は教えたくない】岡山県お花見のおすすめ穴場スポット|混雑状況と駐車場完備 | しきの部屋

【本当は教えたくない】岡山県お花見のおすすめ穴場スポット|混雑状況と駐車場完備

【本当は教えたくない】岡山県お花見のおすすめ穴場スポット|混雑状況と駐車場完備 お出かけ・旅行
スポンサーリンク

岡山県内では、桜が咲く時期は毎年多くの人がお花見をするために名所に足を運びます。

このお花見で頭を悩ませることも多いのが、場所取りです。

県内にある桜の名所は競争率も高く、数日前から泊まり込みで場所取りをするといった人も少なくありません。

しかし、暖かくなってきているとはいえ、夜はまだまだ冷え込む季節。

泊まり込んでまで場所取りをしたくないと多くの人が思っているのではないでしょうか。

・岡山県内の穴場スポット
・上記の駐車場完備は?
・穴場スポットの混雑状況

今回は、場所取りをしなくても安心の県内の穴場スポットについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

岡山県お花見をする場所の穴場や駐車場を調査【2020】

今回独自調査をした所、岡山県内には穴場と呼ばれる桜の観光スポットをいくつか発見することができました。

しかし、中には桜の本数が1本だけだったり、場所柄(車や人の往来が激しいなど)立ち止まってゆっくり鑑賞するのは難しいという所もあります。

 

そこで、

 

★:十分な本数が確保されている
★:時間や周囲を気にせずにゆっくりと楽しめる

この2つの条件をクリアーしている場所を探してみました。

すると、2か所該当するスポットがありましたよ( *´艸`)

 

★:三休公園
★:吹屋ふるさと村

 

どちらも穴場としての条件を満たしていて、なおかつ駐車場も完備されているので車を利用する人も安心です。

  • 三休公園
    (岡山県久米郡美咲町西川上400-11)

 

  • 吹屋ふるさと村
    (岡山県高梁市成羽町吹屋838-2)

スポンサーリンク

岡山県お花見をする穴場の混雑状況や場所取り方法は?

穴場スポットは、「三休公園」「吹屋ふるさと村」が駐車場も完備されており、おすすめです。

こういった調査をしていると、

穴場なんて言いながら、「行ってみたら凄い人で全然ゆっくり見られなかった」なんてオチなんじゃないの?

そんな意見も耳に入ってきそうですね(;・∀・)

こうした声に答えるべく、混雑状況や場所取りの必要性についてもしっかりと調査してきました。

ではまずは三休公園について解説していきます。

三休公園の見どころ

久米郡美咲町にある三休公園は、広大な敷地の中に5000本近くにも及ぶ桜の木が植えられている桜の名所です。

シーズン中は公園内に屋台も多く出るため、食べ物を片手にのんびりと散策したり、シートを敷いて家族や友人と桜の下で宴を催したりと色々な楽しみ方ができます。

敷地内にある昔話で有名な花咲か爺さんのモデルになったと言われる古民家風の茶店は、インスタ映えをすると若い人に人気です。

 

ライトアップで夜桜も

4月上旬から中旬の開花期間中は、18時~21時までライトアップによって夜桜も楽しめますよ。

 

ちなみに三休公園は行政の管理する公園なので24時間いつでも出入りは自由です。
 

この情報を見る限り、いかにも多くの人が集まる人気スポットのようにも感じられますよね(;^ω^)

しかし、三休公園は近くに電車の駅やバス停などがなく、自家用車やタクシーを使わないと訪れるのが難しい場所です。

そのため、シーズン中でもそれほど混雑はしないので安心です。

先ほども述べたように、『5000本近くの桜が植えられている』ので、慌てて場所取りをしなくてもスペースは十分に確保できます。

駐車場も約200台停められるスペースが用意されているため、ゆっくり家を出ても待ち時間なしで停められますよ。

《三休公園のまとめ》
★:車やタクシーを使った方がいい場所
★:シーズン中でも混雑しない
★:5000本近くの桜
★:駐車場も200台停められる

 

吹屋ふるさと村の見どころ

高梁市成羽町にある、吹屋ふるさと村は、ベンガラの製造で財産を築いたという言い伝えがあるほど。

 

吹屋ふるさと村は、民家を含む建物が、石州瓦とベンガラで作られた壁で統一されているのが特徴です。
 

この景色だけでも一見の価値はありますが、桜のシーズンには町のあちこちで見事な山桜を堪能できます。

 

中でも、映画八墓村のロケ地として使われた、広兼邸の敷地内に植えられた桜は、「圧巻」の一言です。
 

観光地としても魅力が多いこの場所も、残念ながら山奥にあるため、電車やバスなどの公共交通機関を利用して行くことができません。

移動手段が車に限られてしまうので、お花見のシーズン中でも訪れる人が少ない穴場スポットになっています。

 

《吹屋ふるさと村のまとめ》
★:建物が石州瓦とベンガラで作られた壁が特徴
★:山桜を堪能できる
★:広兼邸の敷地内の桜は圧巻
★:公共交通機関は利用できない場所
★:移動手段は車になる

 

スポンサーリンク

まとめ

お花見と行ったら木の下でシートを敷いて宴会でしょ!というこだわり派の人もたくさんいます( *´艸`)

 

しかし、残念ながら今年2020年に限っては、新型コロナウイルスの影響でこうしたお花見での宴会は自粛が求められているので行うことはできません。
 

1時間程度の見学であれば問題ないとのことなので、見るだけでもいいからお花見を楽しみたいと人は、今回ご紹介した穴場スポットに足を運んでみてはいかがでしょうか。

四季
四季

桜を見ながら、お散歩するといいかも。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました