ダイソン掃除機v7の問題点は改善されているのか⁈新製品のv8スリムと比較してみた

ダイソンv7の問題点は改善されているのか⁈新発売のv8スリムと比較してみた ニュース
スポンサーリンク

私は2019年1月にダイソンのv7を購入しました。

それも価格が36,600円(税抜)と安く、保証もしっかりとされていたからなのですが、買って数日で問題点が多いなと感じました(;^ω^)

使用していて、日本の製品の方がライフスタイルに合っていて、価格は高いけど、それでもそっちの方が使いやすかったかもと思うことがあります。

しかし、この8月に日本向けにダイソンが掃除機を発売したとの情報が入りました。

商品名はv8 Slimです。

今日のお部屋は私が持っているダイソン掃除機のv7の問題点と新しく発売されたv8Slimの商品比較をご紹介します。

併せて、他のダイソン掃除機についても口コミ検証してみますので、ダイソン掃除機の購入を検討されている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

ダイソンv7の掃除機は問題点が多すぎ?

ダイソンv7の問題点は改善されているのか⁈新発売のv8スリムと比較してみた

ダイソンの掃除機と言えば、吸引力ですよね?

吸引力が弱らないということで、テレビCMをされています。

私はCMを観るたびに、「良さそう」と思っていました。

前の掃除機が壊れたことを機に買い替えでダイソン掃除機を買ったのですが、使用してから数日で買ったことを後悔しました。

「問題だらけじゃん」ってなりました(;´・ω・)

ダイソンv7の問題点をまとめてみます。

問題点1:ヘッドが大きすぎる

ダイソンv7の問題点は改善されているのか⁈新発売のv8スリムと比較してみた

ヘッドが大きすぎるので細かい所や隙間にヘッドが入らなくて掃除ができません。
物を動かせられればいいですが、動かせないとゴミが溜まり放題になります。

問題点2:ヘッドを外して掃除しても全然吸えない

ダイソンv7の問題点は改善されているのか⁈新発売のv8スリムと比較してみた

ヘッドが隙間に入らないので、ヘッドを外して掃除をしますが、吸引力がないのか全然ゴミを吸ってくれません。
付属品があるのでそれを装着して掃除をすればいいのですが、取りに行くのがすごく面倒です。

問題点3:小回りが利かない

小回りが利かないので掃除がしにくいです。
特に壁際とか壁の端のゴミを掃除しにくいです。

問題点4:ちょっとした所の掃除がしにくい

例えば、テレビ台とか本棚の上とかちょっとした所の埃を掃除機で吸いたい時ってありますよね?
そういう場合は一々ヘッドの先を入れ替えないといけないので面倒になります。

日本のメーカーではノズルが本体に付属されていたり、ヘッドを外すと簡単に掃除ができるものもあります。

問題点5:ゆっくりしないとゴミが綺麗に吸えない

ダイソンの掃除機は吸引力はあるのですが、ゆっくりと動かさないとゴミが残っていたりします。
朝はバタバタしています。のんびり掃除機をかける時間がありませんので、シャッと掃除機を動かすと”全然吸ってない”ってなります。

問題点6:周りのゴミを吸ってくれない

ダイソンの掃除機は真っすぐにしか吸引しないのか、近くにゴミが散らかっていてもそれは放置されてしまいます。何度も掃除機をかけることになります。特に壁際や角が掃除しにくいです。

問題点7:廃棄が体にあたるので不快

廃棄の風が横になります。そうすると、体の一部にあたったり、場合によっては顔にあたるのですごく不快になります。

問題点8:ノズルが長い

ノズルが長いのでしゃがんで掃除するのが難しいです。
長いのでベッド下の遠いところまで届くかと思いきや、小回りが利かないので思うように動きません。

他にも色々ありますが、一番困ったのが縮袋が使えない”ということです。

たまたま前の掃除機が吸引できるので良かったのですが、これがなかったらどうしようという感じです(^^;)

何より、ダイソンv7は日本の生活スタイルに全然マッチしていませんでした。

吸引力はすごくあります。

毎日掃除をしているのに、「そんなに吸う?!」というくらい取れます(゚Д゚;)

問題点はいっぱいありますが、お値段的にも損はないと思います。

では、他のダイソン商品も似たような感じなのか検証してみましょう。

まずはv7以降、解決されたポイントもありますのでそちらをご紹介します。

【ダイソンのv11までの商品解決ポイント】

 

①:v7以降の掃除機は吸引力がさらにパワーアップしています。
②:v10以降はゴミ捨ての場所が真下になっているので、捨てる時にゴミが舞いにくくなっています。
v10とv11はv7と同じ充電時間でも稼働時間が長くなっています。

このように解決をしている部分もありますが、ノズルの先端部分はどれも大きいという印象です。

性能は発売されるにつれて良くなっていますが、高性能のv11は重量が一番あります。

v7でも重たいと感じるくらいなので、さらに重たいとなると使用する時にしんどいかもしれませんね。

総合評価をみると、★4つ以上が多い印象です。

口コミを下記で一部ご紹介すると、やはり私と同じ意見もありました。

《ダイソン掃除機の口コミ》

【ダイソンv8 Fluffy】
・ヘッドの掃除が大変
・稼働時間が短い
・使いづらい

 

【ダイソンv10 Fluffy】
・メリットの反面、欠点が多すぎる
・音がうるさい
・パイプが長い
・吸引力があるので時短できる

【ダイソンv11Slim】
・日本に合ったサイズ感
・音が静かでパワフル
・スイッチが押しっぱなしは不便

Amazonの口コミを参考にさせて頂いたのですが、なかなか辛口なコメントが多いという印象です。

そこで気になる新商品のv8 Slimです!

日本向けに製造されたということで期待も高まりますが、どうなのでしょうか?

スポンサーリンク

ダイソンv7の問題は解決されている?新製品v8スリムとの比較

まずは私が持っているダイソン掃除機の特徴をご紹介します。

【ダイソンv7】

項目内容
充電時間3.5時間
稼働時間通常30分
強6分
本体質量2.4Kg
製品サイズ250㎜(幅)
1198㎜(奥行)
206㎜(高さ)

問題点は小回りが利かない、ヘッドが大きいということでした。

では、新商品のダイソン掃除機はというと?

【ダイソンv8スリム】

項目内容
充電時間5時間
稼働時間最長40分
本体質量2.15Kg
本体サイズ210㎜(高さ)
1123㎜(奥行)
250㎜(幅)

比較すると本体サイズも少しコンパクトになっていますよね。

v7はヘッドが大きく邪魔になっていましたが、改善されています(*^▽^*)

v8スリムはヘッドやパイプがコンパクトになっても吸引性能が落ちないよう、本体も最適化しています。

ポイントとしてはV8スリムはヘッドの両脇からもゴミを強力に吸えるため、壁に沿ってヘッドを動かすだけでゴミをすばやく吸引できるようになっています。

私のv7だと壁に沿って吸引できないため壁際を掃除するには真正面からヘッドを当てないといけませんでした。

すごく面倒だったので、それも改善されています!

さらにv8スリムでは「LED隙間ノズル」がついています。

透明な隙間ノズルの根元にLEDを組み込んでいて、導光素材でノズル先全体が光るので、掃除をしたい隙間全体を照らせるのが特徴になっています。

そしてお手入れも簡単になっていて、道具を使用しなくてもソフトローラークリーナーヘッドが外せて洗えるようになっています。

【ダイソンv8スリムの特徴まとめ】

 

・全モデルの40%小型化&軽量化している。
・お手入れも簡単になっている。
・壁際に沿って掃除ができるようになっている。
・隙間全体を照らしてくれるLED照明が付いている。
・小型化しても従来の性能のままになっている。
・ヘッド部分がコンパクトになっている。

ダイソンのv8スリムの特徴をみると、さすが日本仕様に開発されただけはあるなという感想です。

私が持っているダイソン掃除機のv7よりはるかにいいですよね?

正直、今のダイソン掃除機と交換したいくらいです(^^;)

気になるお値段は5万円代となっています。

購入する時は楽天やAmazonの方が価格も安かったりポイントも溜まります。

ネットで購入する場合の注意点がありますので、ダイソン掃除機をネットで購入する場合は気をつけてくださいね。

【ネットで買う時の注意点】
①:保証がしっかりとしている
②:アフターサービスが充実している

ネットで購入する場合は、国内正規品の方が部品などに問題があっても対応しやすいです。

輸入品だと替えのパーツを対応してくれない場合もあります。

 

ネットはダイソンの公式ページから購入する(Dyson公式 楽天市場店)方が確実
 

と言っている方がいました。

口コミによってはすぐに故障して動かなくなる製品もあるようなので、耐久性もしっかりと検証した方がよさそうです。

 

スポンサーリンク

ダイソンv8スリムの口コミツイートは?

ダイソン掃除機v7の問題点は改善されているのか⁈新製品のv8スリムと比較してみた

これまでは、v8slimが出るよ!という内容でした。

では、実際に購入し使用した方の口コミはどうでしょうか。

ツイートをまとめてみました。

好評のようです。

やはり吸引力が抜群ですしね(^^♪

さらに、ヘッドもv8スリムで小さくなったので、使いやすいとのことです。

私も次を買うとしたら、V8slimかな~(^^♪

ダイソンv8スリムをレビューしている記事も見ましたが、主婦目線になっていて良かったそうです。

小回りもきくようですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

ダイソン掃除機v7の問題点は改善されているのか⁈新製品のv8スリムと比較してみた

私が使っているダイソンv7はヘッドが大きく小回りがききません(^^;)

吸引力は素晴らしいです!

ふとん掃除機も買いたいと密かに思っているほどです。

しかし、パイプも長くなんせ、小回りがきかないので壁際が掃除しにくいんですよ!

v8スリムは日本人向けということもあり、小回りがきくとのことです。

口コミツイートを見ると好評でした。

しかし、ネットで購入するときに注意も必要です。

公式ページからの購入がおすすめという記事もありました。

口コミレビューを参考にして、しっかりしたサイトでの購入をしてくださいね。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました