メルペイのメリット&デメリットは?今更聞けない登録方法や使い方についても簡単解説!

メルペイのメリット&デメリットは?今更聞けない登録方法や使い方についても簡単解説! 社会
スポンサーリンク

メルペイのキャンペーンが今度行われますよね。

9月18日から30日に「増税前にまとめ買い!半額ポイントキャンペーン」が実施されます。

条件は二つあり、対象者は初めて本人確認をした人、本人確認をしている人が初めてお店であと払い設定をしてお店であと払いをした人になります。

既に二つともしている人は対象になりませんが、キャンペーンに際し設定をしようと思った人はいるのではないでしょうか?

しかし、本人確認をする時は危険性も考えないといけません。

それについては下記の記事で詳細を書きました。

【メルペイキャンペーン】後払いの危険性は何?登録する時のidや本人確認にも危険性はある⁈

今日のお部屋はメルペイをまだ始めていない人向けにメリットやデメリット、そして今更聞けない登録方法について簡単に解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

メルペイのメリット&デメリットは?

メルペイのメリット&デメリットは?今更聞けない登録方法や使い方についても簡単解説!

10月1日の増税を前に各社キャンペーンを打ち出しています。

私はdocomoの携帯を持っていますが、dショッピングからもお買い物応援キャンペーンのお知らせが来ましたよΣ(゚Д゚)

5%とから8%に増税されるときは買いだめをする消費者が多かったですが、今回はそのような傾向にないともいわれていました。

消費者の購入を促すための作戦でしょうか?

消費者にとってはありがたいキャンペーンではありますよね。

メルペイでもポイント還元をするということで、メルペイをしようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?←私です(;^ω^)

しかし、今更ながらメルペイをすることのメリットってあるんでしょうか。

調査してみました。

【メルペイのメリット】

・フリマをしている人はメルカリの売上金が支払いに使える
・メルカリのポイントが支払いに使える
電子マネー対応のお店で支払いができる
・割引クーポンが使える
・あと払いできる
・お得なキャンペーンもある
・現金を持たずに決済ができる

メリットを見るとメルペイはフリマをしている人向けに感じますよね(;^ω^)

メルカリで売り上げた金額とメルカリで買うとポイントが溜まる仕組みになっていて、電子マネーが使えるお店で、メルペイは現金としても使えるということなので、わざわざお金に換金しなくていいので弁理ですよね。

電子マネーで支払う時は「id対応の店」で使用できるのですが、最近はどんどん電子マネー決済に対応しているお店が増えてきています。

コンビニなどで使えるのでホント便利だと思いますが、idの危険性についても十分に把握しておかないといけませんよね。

idの危険性を知る→【メルペイキャンペーン】後払いの危険性は何?登録する時のidや本人確認にも危険性はある⁈

Lineクーポンのようにメルペイにもクーポンがあるので、利用するとお得に買い物ができることもできます。

このように考えるとメリットばかりでいいなと思いますよね?

しかし、メリットばかりではないのが世のセオリー。

やはりデメリットもあるわけです。

【メルペイのデメリット】
クレジットカードでのチャージができない
・あと払いは手数料がかかる
・メルペイで買い物をしてもポイントは貯まらない

デメリットは以上です。

メリットよりは少ないですが、メルペイを使用する時は現金(銀行口座からの)チャージかポイントチャージをすることになります。

クレジットカードには対応していないので銀行口座を登録しないといけないのですが、その登録が面倒だったりします((;^ω^)

そして、楽天ポイントカードやdポイントカードは対応しているお店でカードを提示するとポイントが貯まりますが、メルペイはメルペイ支払いをしてもポイントが貯まらないのが難点です。

さらに、あと払いはメリットではありますが、手数料がかかるのでデメリットにもなります。

メルペイの口コミや評価を調査!

では、メリットデメリットを把握したところで、実際にメルペイを使用している人の感想はどうでしょうか?

口コミや評価を調査してみました。

結果はこちらになります。

【メルペイの口コミ評価】

これらはTwitterでの感想になりますが、まとめてみると以下の通りです。

【メルペイの感想まとめ】
・とても便利
還元率が低い
・便利だけど、使うとしたらLineペイの方が使う
・メルカリをしていると便利
・まだメルカリをしている人向けなのでPayPayの方が利便性がある

やはり便利なようではありますが、感想を見てもメルカリをしている人がお得という感じですね。

しかし、売上がそのまま支払いとして使えるのであれば、メルカリを今後考えている人は登録していても損はなさそうですよね。

では、いまさら”登録方法を人に聞けない”という人に、簡単に登録方法や使い方を次でご紹介しますね(*^▽^*)

今更聞けないメルペイの登録方法や使い方を簡単解説!

メルペイのメリット&デメリットは?今更聞けない登録方法や使い方についても簡単解説!

メルペイやペイペイ、楽天ペイなど、たくさんの”○○ペイ”がありますが、私は専らの現金派なので○○ペイができても興味もなく「ふ~ん」で右から左に流していました。

ところがこの増税前を切っ掛けに、お得なキャンペーンをしたり、増税後はキャッシュレス決済で2%還元なども言われています。

ちょっとキャッシュレスを考えたくなるような内容ですよね。

正直、メルペイの危険性についてお話ししたことがありますが、私はメルペイをよく知らないんですよね(;・∀・)
メルペイの危険性についてはこちら→【メルペイキャンペーン】後払いの危険性は何?登録する時のidや本人確認にも危険性はある⁈

お得なキャンペーンを打ち出されても、使えない。

しかし、先ほどのメリットやデメリットを見ると、危険性についてもしっかり把握したし登録していても損はないかもしれないと思うようになりました。

でも今更人には聞けないので、自分で調べて簡単に解説していこうと思います(⌒∇⌒)

そもそもメルペイとは何でしょうか?意味を調べてみました。

【メルペイとは】
メルペイは株式会社メルペイが運用するメルカリアプリを使った決済サービスの一つになります。

例えば一度も着ていない服や綺麗な服をメルカリを通して必要な人に売ったり、必要のない漫画や本を売って利益を得るということです。

つまり、ネットを通してフリーマーケットができるということです。

なので副業の一環としてメルカリをしている人は多いと思います。

メルペイはフリマで得た売上金でポイントを購入し、メルカリ内の買い物やメルカリが使える店での支払いにも使うことができるんですね。

ちょっと便利ですよね。

では、メルペイの登録をご紹介したいと思います。

メルペイの登録方法は?

メルペイはメルカリのアプリを使用することになるので、アプリのインストールが必要になってきます。

iPhoneで説明をされているサイトは多いですが、アンドロイドでもplayストアで検索することができます。

では、下記で登録方法を説明します。

【メルペイの登録方法】
《1》メルカリのアプリをインストール(スマホのAppleストアやplayストアから検索してください)
《2》アプリを開き下の【¥マーク:メルペイ】を選択します

ここからメルペイから、お店でも使用できるように登録をしていきます。
※フリマをしない人はここでストップして先を読み「銀行口座の登録」に進んでくださいね。

①:「売上金・ポイントをお店で支払う」と表示されているところを選択します。
②:「設定をはじめる(無料)」をタップして、メルペイの設定をしていきます。
③:「次へ」を押すと電子マネーカードが自動的に作成されるので、「電子マネーの情報を追加」を押して「Wallet」アプリへの追加画面を表示します。
④:カードの追加画面で「次へ」を押して利用規約を確認し「同意する」を押します。

メルペイ電子マネーの名前とカード番号は自動で作成されるので、設定ができると、メルペイの電子マネーカードをiPhoneの「Wallet」アプリに追加されて完了になります。

【メルペイの表示する方法】:
「メルカリ」アプリから「電子マネー(iD)を開く」を選択すると、「Wallet」アプリに追加した「メルペイ」を表示することができます。ただし、メルペイで支払う時は売り上げたポイントを購入する必要があります。

ここで疑問なのが、フリマをしている人にしかメルペイは使えないのかという疑問ですよね。

メルペイのメリットを見ると、メルカリをしている人向けでしたが、もちろんメルカリをしていない人も利用することは可能です。

フリマをしない人は銀行口座を登録することで事前に現金をチャージすることができます。

銀行口座の登録を下記で説明しますね。

【銀行口座の登録方法】

①メルカリのアプリをインストール
(スマホのAppleストアやplayストアから検索してください)
②アプリを開き下の【¥マーク:メルペイ】を選択します
メルペイから、お店でも使用できるように登録をしていきます。

ここまではメルカリをする人と一緒の作業になりますが、メルカリをしない人は「お支払い用銀行口座の登録」を選択します。

選択をしたら画面に従いながら、入力をして下さいね。

一般的な銀行だと対応しているので、銀行の登録ができると銀行からメルペイにお金をチャージすることができるようになります。

では、登録が出来たら次は使い方ですよね。

次にメルペイの使い方を解説していきましょう(^O^)/

メルペイの使い方は?

お店で使いたい時の方法を簡単に説明すると下記の通りです。

①:支払う時に定員に「id支払い」ということを伝えます
②:定員がid支払いの設定をしたらiPhoneを当てます
③:そうすると自動でWalletが起動するので「メルペイ」を選択します
④:指紋かパスワードで本人認証を行います

手順を読むと面倒に思いますが、意外と簡単に支払いは完了するようですよ( *´艸`)

登録も簡単だし、現金をチャージすればスマホ決済もできてメルペイは使いやすそうですよね。

メルペイのメリット&デメリット/登録&使い方のまとめ

メルペイのメリット&デメリットは?今更聞けない登録方法や使い方についても簡単解説!

【メルペイのメリット】

・フリマをしている人はメルカリの売上金が支払いに使える
・メルカリのポイントが支払いに使える
電子マネー対応のお店で支払いができる
・割引クーポンが使える
・あと払いできる
・お得なキャンペーンもある
・現金を持たずに決済ができる

【メルペイのデメリット】
クレジットカードでのチャージができない
・MasterCardコンタクトレスに対応していない
・あと払いは手数料がかかる
・メルペイで買い物をしてもポイントは貯まらない
実際に使った人の評価は便利という声が多かったですが、まだメルカリをしている人向けと感じている人も中にはいました。
メルペイよりもLineペイやPayPayの方が利便性はあるようです。
【メルペイの登録方法】
「メルカリ」アプリをインストールし「メルペイ」をタップ後画面に従い登録をしていく
①》:メルカリをする人は「売上金・ポイントをお店で支払う」から支払い方法を登録するか「お支払い用銀行口座の登録」から登録をしていく
②》:メルカリをしない人は「お支払い用銀行口座の登録」から銀行登録を行って現金をチャージする

使い方は電子マネー対応のお店で「id支払い」ということを伝えて、Walletを起動し「メルペイ」を選択します。

本人認証ができると支払は完了です。

現金を持ち運べなくていいので便利ですが、対応していないところもあるので注意が必要ですよね。

不正利用などの危険性もあるので十分に危険性を把握してからの登録をお勧めしますよ(*^▽^*)

タイトルとURLをコピーしました