【九州・沖縄】お盆の帰省はどうすれば?自治体の呼びかけを調査 | しきの部屋

【九州・沖縄】お盆の帰省はどうすれば?自治体の呼びかけを調査

【九州・沖縄】お盆の帰省はどうすれば?自治体の呼びかけを調査 ニュース
スポンサーリンク

例年であればこの時期はお盆の帰省ラッシュで全国が賑わっていますが、新型コロナウイルスの影響によって中止にする人も増えています。

住民への呼びかけも各自治体ごとにそれぞれ対応が異なっているようです。

今回は九州、沖縄地方の対応について解説していきます。

スポンサーリンク

【九州】お盆の帰省はどうすれば?自治体の呼びかけを調査

社会人や大学生になってから一人暮らしをし、親元を離れて生活している人も多いと考えられます。

お盆休みや夏休みは家族と会える期間ともいえるのではないでしょうか。

しかし、新型コロナの感染も気になるところです。

九州ではどのような対応がなされているのでしょうか。

九州地方は、

  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 大分県
  • 熊本県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

の7県になります。

それぞれの自治体の対応は以下の通り。

福岡県

小川 洋知事

福岡県は7月以降、感染者が増えている状況ですが、大変だからという理由で往来を自粛してほしいとは言いません。

家族や健康状態、年齢などを考慮した上で帰省をするかの判断をしてほしい。

会食をする場合は2時間程度の1次会で終わらせてください。

掲載元URL:https://www.tnc.co.jp/news/articles/NID2020080607893

佐賀県

山口 祥義知事

帰省の自粛よりも、「行動の注意喚起をした方が確実性が高い」ので要請をするつもりはない。

感染対策を徹底して少しでも体調に不安を感じている人は外出は控えるようにお願いしたい。

友人宅への宿泊や大人数での宴会などはできる限り控えてほしい。

掲載元URL:https://www.saga-s.co.jp/articles/-/558762

長崎県

中村 法道知事

帰省をすることで必然的に高齢者との接触や会食の機会が増えるため、家族間でもう一度よく話し合って決めてほしい。

現時点で発熱の症状や繁華街への出入りがあった人は規制は控えてください。

マスク着用、消毒など新しい生活様式の徹底をお願いする。

掲載元URL:https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/hukushi-hoken/kansensho/corona_onegai5/

大分県

広瀬 勝貞知事

帰省についてに自粛は要請しない方針。

「こどもたちが実家に帰ってくるのを迎えられないのは用心しすぎだと思う」と述べ、お盆の時期における帰省など県境を越えた移動について、自粛は求めない考えを明らかにしました。

また、広瀬知事は、「この1週間の感染者のうちほとんどは感染経路が県外からだとわかっている」と述べ、県境を超えて移動する際は、各地域の感染状況に十分留意しながら行動するほか、県外から帰省する人には会食などで、対面で座ることや大声で会話することをしないよう呼びかけました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20200804/5070007610.html

熊本県

蒲島 郁夫知事

感染率が拡大し特別警報が最大レベルに引き上げられている状況から、お盆期間中の他県からの帰省は自粛してほしい。

県内での帰省に関しても、10人以上での会食も控えてください。

掲載元URL:https://news.yahoo.co.jp/articles/457b7b0264313e28f0cce806101193a8807f67aa

宮崎県

大切な御家族や御友人との久しぶりの再会などを楽しみにしていた皆様には、大変申し訳ありませんが、本県の厳しい感染状況や医療提供体制を考慮いただき、今年のお盆の帰省は、コロナウイルスの感染から「あなた自身」や「あなたの大切な人」の命と健康を守るため、できる限り控えていただきますようお願いします。

やむを得ず帰省される方につきましては、帰省中、不要不急の外出を控える、重症化のリスクが高いとされる高齢者と会う際には、特に注意をしていただくなど、感染防止の徹底をお願いします。また、感染リスクの高い大人数での会食や飲み会などは控えていただくとともに、手指消毒やマスクの着用、3つの密の回避、大声を出さない、十分な換気などをお願いします。

今回、帰省を取りやめた皆様につきましては、御理解と御協力に感謝申し上げます。県民の皆様には、今回帰省することができなかった方々に対し、〈ふるさとの思い(県産品)を届けよう!〉と呼びかけております。また笑顔で再会できるその日まで、県産品を通してふるさとに思いをはせていただきながら、今は頑張ってまいりましょう。

令和2年8月10日

宮崎県知事 河野 俊嗣

引用元:https://www.pref.miyazaki.lg.jp/fukushihoken/covid-19/chiji/message/20200809210125.html

鹿児島県

塩田 康一知事

帰省に対する自粛の要請は行わないが、医療提供体制が微弱な離島に関しては自粛の方向でお願いしたい。

高齢者や基礎疾患がある人との接触は十分に配慮して基本的な感染対策の徹底を守ってほしい。

感染防止対策が不十分な施設、三密になる場所へは立ち入らないこと。

掲載元URL:https://www.pref.kagoshima.jp/aa02/move/1ch/chijikaiken020806.html

スポンサーリンク

【沖縄】お盆の帰省はどうすれば?自治体の呼びかけを調査

玉城 デニー知事

全県域に感染者が広がっているため県外への往来は慎重な判断でお願いしたい。

できる限りSNSを使ったオンライン帰省で済ませてほしい。

掲載元URL:https://www.asahi.com/articles/ASN88740TN88UTIL03C.html

熊本県など一部の地域でクラスターが発生するなど、九州地方でも感染者が拡大しています。

大半の所で帰省に対する自粛の要請は出ていませんが、自粛の要請がなくても自主的な判断で取りやめるなど適切な対応をしなくてはいけません。

スポンサーリンク

まとめ

九州、沖縄地方はリゾート地としても人気が高く、毎年夏のシーズンは多くの観光客が訪れます。

人がたくさん集まればそれだけ感染のリスクが高くなるので注意を払わなくてはいけません。

旅行は中止の方向で検討し、止むを得ず帰省をする人は感染対策を徹底してください。

404 NOT FOUND | しきの部屋
気になる情報をお届けする部屋
【中部・関西】新型コロナでお盆の帰省はどうすれば?自治体の呼びかけを調査
春先から感染が拡大している新型コロナウイルスの影響で、今年のお盆休みは帰省や旅行に対して慎重な行動が求められています。全国の自治体でも移動に関する対応はそれぞれです。今回は、中部・関西地域の自治体の見解について調査してきました。【...
【関東・北海道】お盆の帰省はどうすれば?自治体の呼びかけを調査
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、本年度はお盆シーズンの行動に注意が必要になります。各都道府県も国とは別に独自の対策を検討しているようです。今回は、感染者が増加傾向にある東京を中心に、関東1都6県と北海道の自治体の方針について説明...
【東北】お盆の帰省はどうすれば?自治体の対応や呼びかけを調査
例年であれば8月の中旬はお盆の帰省ラッシュでどこの地方も大賑わいとなっていますが、今年は新型コロナウイルスの影響で状況が異なります。自治体によっては別の地域からの帰省に対して独自の見解を示しているようです。今回は東北6県の対応につい...
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました