簿記の資格を活かせる仕事は何?保持者が語るこれまでの職歴と仕事内容

簿記の資格を活かせる仕事は何?保持者が語るこれまでの職歴と仕事内容 資格
スポンサーリンク

新しい年になり、新たな目標を立てる人も多いと思います。

転職を考える人もいるのではないでしょうか。

手始めに資格を取ろうと考えている人もいるのでは?

そこで今回は簿記の資格についてピックアップ!

簿記の資格保持者が語るこれまでの職歴と仕事内容についてご紹介したいと思います。

資格をとることでどのような仕事に就くことができるのでしょうか。

スポンサーリンク

簿記の資格を活かせる仕事は様々

簿記の資格を活かせる仕事は何?保持者が語るこれまでの職歴と仕事内容

新しい年が明けてから、目標を立てて過ごす人も多いのではないでしょうか。

今年はダイエットに成功する。一流企業に就職する。資格を取得するなど、様々な目標を持って取り組んでいる人が多い中、簿記の資格についてお話をしたいと思います。

簿記は人気がある資格なんですよ( *´艸`)

私もビックリしたのですが、「資格の学校TAC」というサイトの2020年の人気資格ランキングで、1位『簿記』、2位『宅建士』、3位『中小企業診断士』となっていました。

では、簿記の資格を取得することでどのような仕事に就けるのでしょうか。

簿記検定のレベルにより付ける職種も違ってきますので、レベル別でご紹介すると以下の通りです。

日商簿記3級:『企業の経理事務』『一般事務』

日商簿記2級:『企業の経理事務』『会計事務所』『税理士事務所』『営業職』『販売職』『金融』『商社』『小売りサービス業』『コンサルティング会社』など
四季
四季

日商簿記1級が取得できると、会計士や税理士なども目指せるようなレベルになります。

四季
四季

企業の一般事務や経理事務は簿記3級の知識があれば十分ですよ。

簿記は企業や店のお金の流れを把握し、帳簿に記録するルールを学びます。

簿記の知識が無ければ企業を運営することも難しいです。

会計知識ある人は、ルールを厳守し帳簿に記載することができるので、その企業の利益や今後の方針を決めていく上で欠かせない存在となっています。
四季
四季

なかなか経理の知識がある人は少ないから重宝されるよ。

3級では小規模の株式会社を対象にした知識レベル、2級は中規模の株式会社の会計処理を学ぶことができます。

2級では製造業に範囲を広げた工業簿記も学ぶので、より勉強が難しくなってきます。

工業簿記でつまづく人が多い印象です。

しかし、一般的に2級を取得していれば、就職の幅が広がることができるので3級よりも2級の取得を目指すことをおすすめします。

さらに、最近は副業も流行っています。

自分の利益を把握するのにとても役立てることができる資格だと思いますよ(*^_^*)

スポンサーリンク

簿記資格保持者が語るこれまでの職歴と仕事内容

簿記の資格を活かせる仕事は何?保持者が語るこれまでの職歴と仕事内容

私は日商簿記2級の資格を持っています。

この資格を持つことにより、就職活動でとても役立てることができました。

やはり3級より難しい2級を持っていると、有利なんですよ( *´艸`)

私がこれまで就職した先は「薬局を経営する会社の経理事務」「一般企業の経理事務」「輸入業を主にした経理事務」「製造業の一般事務」「運搬業の経理事務や一般事務」など様々です。

そのどれもが、簿記の資格保持者と言うことで大いに役立ちました。

経理事務ではどのようなことをするかというと、帳簿と言っても今はパソコンの時代です。

経理ソフトに勘定科目と金額を入力していく形になります。

仕事内容を下記でまとめてみました。

・1日の現金の動きを入力
・先月請求書で来たものを今月で支払うので未払金となっていたものを勘定科目で消す
・1か月の売上(売掛金)の入力
・1か月の仕入れ(買掛金)の入力
・今月支払っていない勘定科目(未払金)の入力
・光熱費などの入力
・特殊な仕訳があれば入力

大まかにかくと上記の通りです。

企業の1か月のやり取りを会計ソフトに入力するという形ですね。

1か月の損益を割り出すための作業になります。

決算には決算の特別な仕訳がありますが、毎月同じ作業になるので慣れてくるととてもやりやすい職種だと私は思いますよ(*^_^*)

ただし、会計ソフトに勘定科目を入力するだけでなく、請求書を発行する場合もありますし、請求書の支払いの作業も行う場合もあります。

金額に関してとてもプレッシャーのかかる仕事でもあります。

四季
四季

請求書を間違って発行してはいけないし、間違った金額を支払ってもいけません。緊張感のある仕事でもあるかも。

主な仕事は経理処理になりますが、その他にも資料の整理や電話応対ももちろんする必要が出てきます。

なので、常識のある人、言葉遣いが丁寧な人、クレームなどにも落ち着いて対処できるような人が企業に好まれます。

スポンサーリンク

まとめ

簿記の資格を取得すると、経理事務などの企業にとって欠かせない職種に就くことができます。

誰もができそうでできないのが経理だと私は思っています。

会社の利益を経理が担っているといっても過言ではないと思います。

これまでの経験から、一桁間違うだけで大きな大損害となるのが経理という仕事にはあり、プレッシャーを常に感じますがとてもやりがいのある仕事だと思いました。

簿記の資格を取得することで、様々な企業の経理や一般事務に就くことができるのでおすすめですよ(*^_^*)

四季
四季

税理士事務所や会計事務所で働きたい人は2級取得は必須です。

タイトルとURLをコピーしました