【借り暮らしの】アリエッティの原作は?声優キャストも徹底解説 | しきの部屋

【借り暮らしの】アリエッティの原作は?声優キャストも徹底解説

【借り暮らしの】アリエッティの原作は?声優キャストも徹底解説 エンタメ
スポンサーリンク

金曜ロードショーでは、だいたい夏休みにスタジオジブリ作品を放送します。

スタジオジブリの映画で毎回話題として挙がるのが原作や作品の舞台となった場所です。

今回は借り暮らしのアリエッティの原作やキャストについてご紹介します。

スポンサーリンク

【借り暮らしの】アリエッティの原作は?作者プロフィール

「借り暮らしのアリエッティ」は、イギリスの児童文学作家のメアリー・ノートン氏が描いた「小人の冒険シリーズ」が原作です。

[まとめ買い] 小人の冒険シリーズ

[まとめ買い] 小人の冒険シリーズ

メアリー・ノートン, 林 容吉, 猪熊 葉子
3,168円(09/27 07:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

「小人の冒険シリーズ」はこちらの5作品になります。

・床下の小人たち(1952年)
・野に出た小人たち(1955年)
・川をくだる小人たち(1959年)
・空をとぶ小人たち(1961年)
・小人たちの新しい家(1982年)

日本では1956年から邦訳版が児童小説として発売され、瞬く間に人気となりました。

「小人の冒険シリーズ」は世界中で高く評価されていて、これまでに数多くの映画の原作として使われています。

四季
四季

日本でも、2010年に米林宏昌監督のスタジオジブリの映画の原作として使われました。

さきほどのシリーズタイトルを見て気付いた方もいるかもしれませんが、映画のタイトルになっている「借り暮らしのアリエッティ」は小説では使われていません。

「借り暮らしのアリエッティ」は映画の企画が立ち上がった時に作品のイメージから監督が考えたオリジナルのタイトルと言われています。

原作者プロフィール

【借り暮らしの】アリエッティの原作は?声優キャストも徹底解説

原作者:メアリー・ノートン
本名:同じ
性別:女性
生年月日:1903年12月10日
出身:イギリスのロンドン

原作者の経歴

物理学者の娘として生まれ、第二次世界大戦中にアメリカのニューヨークにある英国購買委員会で働きながら小説を書き始める。

1943年「魔法のベッドノブ 魔女になれる簡単な10のレッスン」で作家デビュー。

上記の作品は後にディズニー映画「ベッドかざりとほうき」の原作に使用される

その後、代表作とも言える「小人の冒険シリーズ」を始めとした様々な児童小説を出版、1992年、脳卒中により、88歳で生涯を終える。

メアリー・ノートンが幼少期に住んでいた屋敷が「小人の冒険シリーズ」の舞台になったと言われていて、現在もレートン・ミドル・ハイスクールの校舎として実在しています。

モデルとなったと言われるメアリー・ノートンが住んでいたと言われる家はこちらです。

【借り暮らしの】アリエッティの原作は?声優キャストも徹底解説
掲載元:ウィキペディア

スポンサーリンク

【借り暮らしの】アリエッティの声優キャスト

スタジオジブリの映画で作品と共に注目されるのが、キャラクターを演じるキャストです。

「借り暮らしのアリエッティ」のメインキャストはこちらになります。

小人たち
  • アリエッティ⇒志田未来

  • ホミリー⇒大竹しのぶ

  • ポッド⇒三浦友和

  • スピラー⇒藤原竜也

人間
  • 翔⇒神木隆之介

  • 牧 貞子⇒竹下景子

  • ハル⇒樹木希林

 

日本のアニメ映画は本職である声優が大半のキャラクターを演じ、タレントやアーティストがゲストとして出演するのが一般的です。

スタジオジブリでも、「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」など初期の頃は声優さんをメインキャストとして起用していました。

しかし、ある時期から現在のテレビドラマや舞台で活躍している俳優、女優がメインキャストを演じ、声優が脇を固める構図になっています。

何故?と疑問に感じる人もいるかもしれません。

これにはスタジオジブリの取締役を務める宮崎駿氏の作品に対するこだわりが理由です。

宮崎駿氏は「自分が作る作品はアニメではなく映画」という強い信念を持っていて、実写映画と対等の立場で評価をしてほしいと考えています。

しかし、初期の作品はメインキャストに声優を使っているという理由でその主張が認められず、国際的な映画祭でもアニメーション映画のジャンルで評価されていました。

そこに憤りを感じて、現在の方向にチェンジしたと言われています。

 

スポンサーリンク

まとめ

借り暮らしのアリエッティの原作は「小人の冒険シリーズ」になっていますが、タイトルをみるとおり、アリエッティはオリジナルキャラになります。

声優陣は、豪華俳優陣を軸としたものになっていて、個性あふれるキャラクターとなっています。

私もリアルで主人と一緒に観に行きましたが、久しぶりに見たくなりました( *´艸`)

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました